アンケート   医療関係者の方へ   病院口コミ情報  

多汗症.COM−汗のお悩み対策・治療コミュニティーTOPへ


汗のお悩みを持つ人のためのコミュニティーサイトです。 現在、524 名の登録者がいます。あなたのご参加もお待ちしています。→簡単!メンバー登録はこちらから

塩化アルミニウムについて

手掌多汗症の治療として用いられる制汗剤で一番有名なものが「塩化アルミニウム」です。

 

塩化アルミニウムとは・・・

これは手掌多汗症の治療薬として病院でも使われているものです。多汗症で悩む人が増えているため、薬局でも販売されているところが増えているようです。

塩化アルミニウムを含む制汗剤には、市販品(医薬部外品)として「テノール液」「オドレミン」「エキシウクリーム」などがあります。そして、病院で処方される塩化アルミニウム水溶液があります。

塩化アルミニウムは皮膚に直接塗って物理的に汗を止める働きがありますが、手掌多汗症自体を治すものではなく、一時的に汗を止めるためのものです。

つまり、塩化アルミニウムを使うのを止めた途端に汗は復活します。汗を永遠に止めるためには、永遠に使い続けなけばならない訳です・・・でも、それで汗が止まれば嬉しいんですけどね!

 

各制汗剤の違いは?

病院で処方される制汗剤、薬局で市販されている制汗剤は何が違うのでしょうか?制汗剤に含まれている成分の違いはありますが、大きな違いは塩化アルミニウムの濃度です。

病院で処方される塩化アルミニウムは20%が多いようですが、その人の汗の量に応じて濃度を変えることもあるようです。はじめは塩化アルミニウムの濃度が薄いものを処方し、それで効果がなければ濃度のたかいものを処方するようです。

あと、顔に使用する場合は塩化アルミニウムの濃度が薄いものにしてください。顔の皮膚は敏感なためかぶれたりします。

 

制汗剤の使い方

制汗剤は汗を押さえたい場所に塗って使います。また、汗がなるべく出ていない状態で使用したほうが効果が高いため、就寝前に塗ると良いようです。もちろん、手のひらや足の裏に塗ってしまえば手足が使えない状態になるため、寝る前が一番いいでしょう。

そして、制汗剤を塗ってから最低1時間以上、就寝前に塗ったのであれば翌朝に洗い流してください。

これを3日から2週間ほど続けると効果が現れるようです。塗ったからといってすぐに汗が止まるわけではないんです。しかし、いったん効果が現れると1週間程度汗が止まります。もちろん人によって違いはありますが・・・

 

塩化アルミニウムの副作用について

塩化アルミニウムを使用することによる一般的な副作用は「かゆみ」「かぶれ」です。この副作用が出た場合はすぐに制汗剤の使用を中止しましょう。

その後、まだ制汗剤を使いたい場合は塩化アルミニウムの濃度を薄めて使ってみて下さい。

塩化アルミニウムは人体への影響がはっきりと検証されていないのですが、病院などの医療機関や一部の薬局などでは多汗症の治療薬として使用されています。塩化アルミニウムを使用する場合は専門家の説明を受けた上で使用することをお勧めします。

スポンサードリンク
メインコンテンツ
手掌多汗症の基礎知識
 
免責・プライバシーポリシー − お問い合わせ − 医療関係者の方へ

copyright 2005年-2014年 多汗症.com(手汗のお悩み) All rights reserved.