アンケート   医療関係者の方へ   病院口コミ情報  

多汗症.COM−汗のお悩み対策・治療コミュニティーTOPへ


汗のお悩みを持つ人のためのコミュニティーサイトです。 現在、524 名の登録者がいます。あなたのご参加もお待ちしています。→簡単!メンバー登録はこちらから

手掌多汗症の薬物治療

手掌多汗症における薬物による治療は、大きく分けると精神安定剤と
神経遮断薬の2つがあるようす。

 

精神安定剤による治療

精神安定剤(抗不安剤)を利用する目的は、汗に対する不安を取り除くためです。ただ、精神安定剤は直接汗を止める作用があるわけではなく、緊張を緩和することが目的であるため、汗を止める効果は薄いでしょう。

また、精神安定剤を飲み続けるということはあまりお勧めできないため、精神安定剤による治療を行うのであれば、心身療法も受け、精神的不安を根底からなくす努力をしなければならないと思います。

 

神経遮断薬による治療

神経遮断薬は、直接汗に作用する薬です。汗をかくときに交感神経の末端から出ているアセチルコリンという化学物質を止める薬(抗コリン剤)です。

しかし、この神経遮断薬は、腺からの分泌を止めるための薬で、手のひらだけではなく全身に作用し、また口渇、便秘、胃腸障害などの副作用があると言われています。また、それ以外の副作用もいろいろとあるようです。

この神経遮断薬についても、医師によって賛否両論あるようです。実際に利用する場合は、効果と副作用をしっかりと確認したうえで利用してください。

 

市販の薬を手に入れることもできるようですが、薬物による治療は医師への相談を行ったうえで慎重に行いましょう。

スポンサードリンク
メインコンテンツ
手掌多汗症の基礎知識
 
免責・プライバシーポリシー − お問い合わせ − 医療関係者の方へ

copyright 2005年-2014年 多汗症.com(手汗のお悩み) All rights reserved.