アンケート   医療関係者の方へ   病院口コミ情報  

多汗症.COM−汗のお悩み対策・治療コミュニティーTOPへ


汗のお悩みを持つ人のためのコミュニティーサイトです。 現在、524 名の登録者がいます。あなたのご参加もお待ちしています。→簡単!メンバー登録はこちらから

魚の目・タコの治療法

私は昔から魚の目やタコができやすい体質のようで、腕にも魚の目らしきものができたことがあります・・・(本当に魚の目やタコだったのかは今では不明ですが・・・)この魚の目やタコで悩んでいる人は結構多いようです。

私は魚の目がひどくなりひどい痛みを伴う経験は無いのですが、ひどくなると歩くことが困難になるほど痛いらしいです。

 

魚の目・タコのできる原因

魚の目・タコのできる原因は体の防御反応です。体の特定部分に継続して圧力や衝撃などの刺激を加えると、体はその刺激から体を守ろうとして皮膚を厚くします。

自分の足にフィットしていない靴を履いていたり、足の特定部分に圧力がかかるような変な歩き方をしているとできるようです。

私なんかは、足の怪我の跡がそのままタコに発展したことがあります。

 

魚の目とタコの違い

魚の目とタコの違いはご存知ですか?

魚の目とは皮膚の深層部分にまで食い込んで芯を作っているものです。皮膚の深層部分にまで達している為痛みを伴います。

タコとは魚の目の軽い症状のことです。魚の目とは違い皮膚の表面部分だけが硬くなっているものを言います。皮膚の表面だけなので痛みはありません。

 

やっちゃいけないこと

魚の目やタコができると、その部分を削りたくなりますよね。これは厳禁です。魚の目やタコは体の防御反応であることはすでにお話しましたが、魚の目やタコを削ったりすればさらに皮膚は硬くなろうとしてしまう為です。

 

魚の目・タコを自然に治すには?

とにかく魚の目・タコに触らない。そして、魚の目・タコができている部分に刺激を与えないことです。ゆったり目の靴を履いたり、少し厚手の靴下を履いたりして、刺激を軽減してあげましょう。

 

薬を使って治す

薬局なんかで売っている薬を使うのも一つの方法でしょう。ただ、根気強く使い続けることです。お勧めはばんそうこうタイプのものです。魚の目の場合は芯が簡単に取れるまで使い続けましょう。無理して芯を取ろうとせず、薬を使って痛みも無く簡単に取れるまで使い続けることが肝心です。

 

病院へ行く

歩くのが困難なほど魚の目が進行してしまえば病院へ行きましょう。魚の目の芯をきれいに取ってもらって早めに治しましょう。

健康メモ
スポンサードリンク
メインコンテンツ
 
免責・プライバシーポリシー − お問い合わせ − 医療関係者の方へ

copyright 2005年-2014年 多汗症.com(手汗のお悩み) All rights reserved.