アンケート   医療関係者の方へ   病院口コミ情報  

多汗症.COM−汗のお悩み対策・治療コミュニティーTOPへ


汗のお悩みを持つ人のためのコミュニティーサイトです。 現在、524 名の登録者がいます。あなたのご参加もお待ちしています。→簡単!メンバー登録はこちらから

痔を予防しよう

「痔」と言う病気は、肛門というちょっと恥ずかしい場所にできる病気であるため、痔の人はあまり周りに
公表する人はいないのでしょうが、1位の虫歯の次に患者数の多い病気のようです。
そして、日本人の3人に1人が痔にかかっているとも言われているようです。

 

痔の種類

痔にはいくつか種類があります。「切れ痔」「いぼ痔」「肛門周囲膿瘍(痔ろう)」です。

 

【切れ痔】
硬くなった便が無理に通過したために肛門の出口付近が切れて起こる痔です
切れ痔が慢性化してしまうと傷口が潰瘍状になり、強い痛みが排便後も続く場合があります。
排便時の激しい痛みのために、排便を抑えるようになり、便秘となります。

いずれ便秘による太く固い便を排出しなければならず、その際には再び同じ場所が切れてしまいます。   
このくり返しにより裂肛が慢性化し、潰瘍状になることから、肛門が狭くなったり、排便障害を引き起こし、 
再び便秘になるという悪循環が続きます。

下痢症状が頻繁に起きて、炎症が酷くなって切れ痔になる場合もあります。

 

【いぼ痔】
痔核は、便秘などによるいきみや腹圧による肛門部への過度の刺激、また長時間の座りっぱなしや
立ちっぱなしの生活が続くことによる血行障害(肛門部のうっ血)によって発生する痔で、一般的に
「いぼ痔」と呼ばれているものです。

痔核はそのできる場所により「内痔核」と「外痔核」とに分けられています 。

 

【肛門周囲膿瘍(痔ろう)】
肛門周囲膿瘍は歯状線の奥にある肛門小窩に大便中の細菌(主に大腸菌)が侵入し、炎症を引き起こし
ながら肛門周囲に拡がり、化膿性の炎症を発生させます。肛門の周りが腫れて激痛が続き38〜39度
の発熱を伴う場合があります。

肛門周囲膿瘍が進み、たまった膿(うみ)が出ると、症状は楽になりますが、膿(うみ)が出た後に肛門に
向かって管が残り痔ろうとなります。

これがさらに進行しますと常に膿(うみ)の混じった分泌液が出たり、肛門の周りに、湿疹や皮膚炎
などができ、かゆみや不快感を感じるようになります。

 

痔の原因は?

痔の原因は痔の種類によって違いますが、「便秘」「下痢」「血行不良」が主な原因です。
次の項目を守り、痔にならないように予防しましょう!

 

痔を予防しよう!

痔を予防するためにも以下の項目を守って生活しましょう。また、すでに痔になっている人も痔の治療、
これ以上の悪化を防ぐためにも注意しましょうね。

1. おしりはいつも清潔にしましょう。
  排便後、肛門をきれいにしておかないと細菌が繁殖します。

2. 長時間、同じ姿勢を続けないようにしましょう。
  座りっぱなし、立ちっぱなしの姿勢は肛門にうっ血をきたします。 

3. おしりや腰を冷やさないようにしましょう。
  おしりや腰を冷やすと、肛門の血行が悪くなります。 

4. 便秘にならないように気をつけましょう。
  便秘をすると便が太く、硬くなり、排便時に肛門を傷つけやすくなります。 

5. 排便のときは、無理にいきまないようにしましょう。
  排便時にあまりいきむと、肛門にうっ血、出血をきたします。 

6. 毎日お風呂に入りましょう。
  お風呂に入り体を温めると肛門部の血行がよくなり、清潔にもなります。 

7. 下痢をしないよう気をつけましょう。
  下痢は肛門に刺激を与えるほか、不潔にもなり細菌感染にもつながる場合があります。 

8. アルコールや刺激物等は控えめにしましょう。
  お酒などのアルコール類、刺激物は肛門を刺激し、うっ血の原因にもなります。  

9. 長時間のドライブは避けましょう。
  特に長時間のドライブは肛門の血行が悪くなり、うっ血をきたします。

健康メモ
スポンサードリンク
メインコンテンツ
 
免責・プライバシーポリシー − お問い合わせ − 医療関係者の方へ

copyright 2005年-2014年 多汗症.com(手汗のお悩み) All rights reserved.