アンケート   医療関係者の方へ   病院口コミ情報  

多汗症.COM−汗のお悩み対策・治療コミュニティーTOPへ


汗のお悩みを持つ人のためのコミュニティーサイトです。 現在、524 名の登録者がいます。あなたのご参加もお待ちしています。→簡単!メンバー登録はこちらから

高血圧を予防しよう!

高血圧は、日本人の4人に1人、50歳以上だと2人に1人が抱えている病気です。そして、この高血圧が原因となる死亡が増えているんです。高血圧はもはや国民病といっても良いでしょう。

実際、私も目の前で高血圧が原因で脳内出血を起こし、帰らぬ人となった先輩がいます。高血圧は本当に怖い病気です。また、健康診断で初めて自分が高血圧だと気づく人も多いらしく、自覚症状もあまり現れません。だからこそ、要注意な病気です。高血圧に関する知識と予防法を身に付けましょう。

 

高血圧とは?

血圧とは、心臓が血液を全身に送り出す際の圧力のことです。この圧力が基準値以上の状態であることを高血圧といいます。そして、最大血圧140mmHg以上、あるいは最小血圧90mmHg以上の場合を高血圧といいます。

 

高血圧の自覚症状とは?

高血圧の自覚症状は主に、頭痛、めまい、肩こり、むくみ、動悸などです。しかしこれは他の原因によるものとの区別がつかない為、、一概に高血圧による症状とは言えないんです。むしろ、自覚症状がなく、知らないうちに高血圧が進行し、気づいたときには心筋梗塞や腎不全などの合併症を起こしてしまうことが多いとのことです。

 

高血圧のはなぜ危険か?

高血圧が危険なのは、動脈硬化を引き起こすからです。動脈硬化とは、血管が弾力性を失ったり、血管の内腔が狭くなる状態のことです。

高血圧が続くと、血液の圧力に耐えるために、動脈の血管壁が厚くなり、血液が流れる内腔は狭くなります。さらに血管が傷ついたりすると、コレステロールなどの脂質が溜まりやすくなり、さらに内腔は狭くなります。そうすると、血液の流れる抵抗が増え、血圧はさらに上昇するのです。つまり、高血圧になる→動脈硬化が起こる→さらに高血圧になる、という悪循環を引き起こすのです。

 

高血圧の原因とは?

高血圧の80%以上は原因不明と言われています。ただ、生活習慣と遺伝の2つが原因であることは解明されているとのことです。そして、高血圧は、「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分類されています。

一次性高血圧とは、「本態性高血圧」とも呼ばれ、特に異常がないのに血圧が高くなり原因が特定できないものです。ただし、原因となる要因は、食塩の採りすぎ、加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満、、遺伝などです。

二次性高血圧とは、腎臓病など、ほかの病気が原因となり起こるものを言います。ですから、原因となる病気を治すことで、高血圧も改善されます。

ですから、健康な人は、一次性高血圧を防止する様心かげましょう!

 

高血圧の予防

・塩分を取り過ぎない!
高血圧の代表的な予防法は、塩分を取り過ぎないようにすることでしょう。なぜ塩分が悪いのか?それは、塩分(ナトリウム)をとりすぎると、血液中の塩分濃度が上がります。濃度が上がると細胞組織の活動が低下してしまうため、水分で薄める作用が働きます。そのため、腎臓が水分を血液中に送り出し、その結果、血液の全体量が増大し、血圧が上昇するのです。

ただ、塩分も体に必要なものです。塩分が少ないために起こる病気もあります。ですから、塩分ばかりに気を取られ、必要以上に過敏になすぎないようにしましょう。健康な人は1日10グラム以下、血圧が高めな人は1日6グラム以下が目安と言われています。

・適度な運動をする。
・定期的に血圧を測り、自分の血圧の状態を知る。
・ストレスをためない。

とこれくらいしかないのですが、健康診断で高血圧と診断され、再検査が必要なのに放置してしまうとことはないようにしましょう。実際、高血圧は自覚症状がない為、放置してしまう人が多いとのことです。たとえ自覚症状がなくても、ちゃんと治療を行いましょう。

健康メモ
スポンサードリンク
メインコンテンツ
 
免責・プライバシーポリシー − お問い合わせ − 医療関係者の方へ

copyright 2005年-2014年 多汗症.com(手汗のお悩み) All rights reserved.